高橋メアリージュン特集!出演ドラマや注目を浴びた衣装まとめ!

俳優・監督

今回は高橋メアリージュンさんに注目!

今まで出演したドラマ作品と衣装について、ご紹介していきます。

高橋メアリージュンさんのプロフィール

高橋メアリージュンさんは、1987年11月8日生まれの32歳で滋賀県出身です。

日本人の父フィリピン人の母をもち、4人兄弟の長女です。

妹はモデルの高橋ユウさん、弟は絵画アーティストの高橋源治さん、プロサッカー選手の高橋裕治さんという個性と才能豊かなご家族なんですよ!

2004年に雑誌「CanCam」の専属モデルとして芸能界デビューしました。

その後、歌番組やバラエティ番組、CM出演と活動を広げ女優としてもたくさんの作品に出演しています。

高橋メアリージュンさんの主な出演ドラマ(+衣装)

  • 私の家政夫ナギサさん』(2020年)
  • 書類を男にしただけで』(2020年)
  • 東京独身男子』(2019年)
  • 東京アリス』(2017年)

『私の家政夫ナギサさん』(陶山薫役)

高橋メアリージュンさんは、多部未華子さん演じる主人公のメイの親友であり同僚の陶山薫を演じました。

友人思いの、優しくてとても明るい性格のすてきなキャラクターでした。

高橋メアリージュンさんはとてもはまり役だと話題になりました!

ちなみに、本作でのメイクはご自身でされていたそうですよ。

オフィススタイルジャケットをすてきに着こなしていたり…

水族館デートのシーンではかわいらしいワンピースもお似合いでした!

『書類を男にしただけで』(柏木未来役)

主人公は、セクハラを受け上司を背負い投げしてしまったことで解雇され、就活中の箕輪祐希。

就活時にうっかりエントリーシートの性別欄を男性にしてしまいますが、採用試験を突破します。

性別を偽り入社することを決めた主人公はいったいどうなってしまうのでしょうか‥。

高橋メアリージュンさんは主人公が入社した会社の産業医、柏木未来を演じました。

健康診断の際に主人公に助言したことがきっかけで彼女は男性として入社することを決める、という大きな役どころでした。

性別による理不尽さなどを深く描いた作品となっていまよ。

働く女性にぜひ見てほしいです。

この作品では白衣の下にリボンのブラウスグリーンのパンツで、優しいお医者さんという印象ですね。

こちらもリボンのブラウスですがきれいな色でまた違った印象です。

白衣がとてもお似合いでした。

『東京独身男子』(竹嶋舞衣役)

主演は高橋一生さん。

あえて結婚しないという独身男性が、それぞれあることをきっかけに結婚を考えていくストーリーです。

高橋メアリージュンさんは高橋一生さん演じる石橋太郎の元カノ竹嶋舞衣を演じました。

石橋は3年前に別れた舞衣に未練があります。

海外から舞衣が帰国したと聞き心が乱れる石橋。

しかし舞衣は他の男性との結婚の決意しています。

二人の関係がどのように変化していくのか、注目ですよ。

オレンジ色の鮮やかなワンピースがとても美しいですね。

高橋メアリージュンさんは明るい色がとてもお似合いな印象です!

『東京アリス』(桜川理央役)

人生の岐路に立つ同級生のアラサー女子4人組の、リアルな恋愛模様を描いた物語です。

高橋メアリージュンさんはクールな女医桜川理央を演じました。

個性豊かな女子たちが、同じシェアハウスに暮らしながらそれぞれの幸せを追い求めていきます。

それぞれの恋愛模様や仕事、ファッションなど見どころたっぷりですよ!

Amazonプライムでの公開なので入会されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

眼鏡白衣がすてきです!

こんなかわいい姿も見つけました!

この作品では、役柄にぴったりなクールでシンプルな衣装が多い印象ですね。

他のキャストの衣装もかわいいので、ぜひチェックしてくださいね

まとめ

以上、高橋メアリージュンさんのこれまで出演したドラマ作品を衣装と共にご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました