back number特集!おすすめの楽曲をまとめて紹介!

音楽

今や、その楽曲がさまざまな映画やドラマの主題歌に起用され大人気の「back number

今回は、そんなback numberの数ある名曲のうちから厳選した、おすすめをご紹介していきます!

大人気スリーピースバンド「back number」のプロフィール

メンバーはボーカル・ギター・作詞作曲担当の清水依与吏さん、ベース・コーラス担当の小島和也さん、ドラムス担当の栗原寿さんの3人です。

2004年に結成後は主に地元・群馬で活動し、2009年にミニアルバム『逃した魚』をリリースしインディーズデビュー。

2011年にはシングル『はなびら』でメジャーデビューを果たしました。

2013年に自身初の日本武道館ライブを開催すると、チケットは即日完売の大成功を収めています。

その後、2015年に発売した5thアルバム『シャンデリア』で初のオリコンチャート1位を記録。

2018年には単独で名古屋東京大阪の3大ドームツアーを開催するなど人気を不動のものとしていきました!

【厳選】back numberのおすすめ曲まとめ!

1.『高嶺の花子さん』(2013年)

8thシングルのこの楽曲はアップテンポで爽快感あふれる曲調で、ドライブにぴったりな夏のラブソングです。

ポップな曲調に反してネガティブな歌詞のバランスが絶妙で、恋に不器用ながらも少しでも”憧れのあの子”に近づきたい気持ちがあふれています!!

back number – 高嶺の花子さん (full)

2.『クリスマスソング』(2015年)

14thシングルのこの楽曲は、石原さとみさん、山下智久さんの共演で話題となった月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん』の主題歌です。

クリスマスにぴったりなバラードと浮かれる街中を背景に一途に思い続ける歌詞が切なく、特に君が好きだ」というストレートな表現がとても印象的ですね!

YouTubeのMV(short ver.)再生回数が1億回を突破するなどback numberの代表曲の一つとなっています!

back number – クリスマスソング (full)

3.『ヒロイン』(2015年)

11thシングルとして発表され広瀬すずさん出演のJR東日本JR SKI SKI」のCMで起用され注目されました。

寒い冬と白い雪が浮かぶような歌詞と繊細なメロディがとても美しく、片想いをしている相手と見る雪景色を想像している歌詞が切ないです。

back number – ヒロイン (full)

4.『青い春』(2012年)

長澤まさみさん主演ドラマ『高校入試』の主題歌である7thシングルのこの楽曲は、ラブソングの印象が強いback numberのイメージを覆すような、ロックで力強い曲調が特徴的です。

受験生や、”何か踏ん張りたい”方への応援歌として根強い人気です!

back number – 青い春 (full)

5.『瞬き』(2017年)

17thシングルのこの楽曲は佐藤健さん、土屋太鳳さんW主演の映画『8年越しの花嫁』の主題歌として起用されています。

幸せとは」という歌い出しが印象的で、幸せであることがどんなことか改めて考えさせられるような歌詞と、幸福の鐘の音が感動ストーリーにぴったりなバラードです!

back number – 瞬き (full)

6.『HAPPY BIRTHDAY』(2019年)

深田恭子さんが主演を務めたドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌として使用された20thシングルです。

このドラマで注目を集めた横浜流星さん演じる由利の、なかなか距離を縮められないもどかしさを表現したような歌詞に切なさがこみ上げてきます。

ハッピーバースデー 片想いの俺」という歌詞が印象的ですね!

back number – HAPPY BIRTHDAY (full)

7.『エメラルド』(2020年)

2nd配信シングルとしてリリースされ、妻夫木聡さん主演の日曜劇場『危険なビーナス』の主題歌として使用されています。

ドラマのために書き下ろされたこの楽曲は、アップテンポでノリのいい曲調と妖しげな歌詞が相まってドラマの謎めいた雰囲気をさらに盛り上げています!

冒頭のギターもインパクトがあって耳に残りますね!

back number 「エメラルド」in stores now(TBS系 日曜劇場「危険なビーナス」主題歌)

まとめ

数々のback numberの中からおすすめ7曲をご紹介しましたが、厳選するのが大変なほど他にも名曲ばかりです!

back numberの公式YouTubeチャンネルにはMVもたくさん公開されているので、素敵なMVもあわせてチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました