『アンサング・シンデレラ』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

ドラマ

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は連続ドラマでは初めてとなる、病院の「縁の下の力持ち」的存在である病院薬剤師を主人公にした新たな医療ドラマです!

今回は本作のキャストを紹介していきます。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』のあらすじと注目ポイント

これまで数々の医療ドラマが放送されてきましたが、病院薬剤師が主人公として描かれるのは初めてです。

病院薬剤師は医師の処方箋に基づいて調剤の指導や医薬品を取り扱っており、唯一医師の処方箋に異議を唱えることができる立場です。

ドラマのタイトルにある「アンサング」というのは「褒められない」という意味だそうです。

縁の下の力持ち」のような存在である薬剤師の働きに注目ですね!

主人公葵みどり(石原さとみ)はお団子ヘアがチャームポイントのキャリア8年目の薬剤師。

自身の仕事は患者一人一人を知ることが大事だという信念のもと、患者に真摯に向き合っていきます。

そんな主人公の下で働く新人薬剤師に西野七瀬さん、ドラッグストアで働く薬剤師に成田凌さんなどが出演しています。

『アンサング・シンデレラ』の主要キャスト

校閲、レストランのオーナー、法医解剖医など様々な役を演じてきた石原さとみさん。

本作では病院薬剤師を演じています!

石原さとみ(葵みどり役)

日本を代表する国民的女優であり、素の明るく親しみやすい人柄も相まって性別を問わず人気な石原さとみさん。

そんな石原さんが一躍有名になったのはドラマ『リッチマン・プアウーマン』そして『失恋ショコラティエ』ではないでしょうか。

前者では小栗旬さん演じるドSな上司に振り回されながらもひたむきに頑張るOLを好演、後者では松本潤さん演じるショコラティエを翻弄するぶりっ子キャラを堂々と演じきり、そのかわいさが話題になりました。

以降『5→9〜私に恋したお坊さん〜』『アンナチュラル』など数々の話題のドラマに出演し、目が離せない女優さんです!

映画『シン・ゴジラ』や『進撃の巨人』で見せた癖のある演技も印象深いですね。

西野七瀬(相原くるみ役)

大人気ガールズグループ乃木坂46のメンバーとしてデビューし人気を博した西野七瀬さん。

2015年から『non-no』の専属モデルとしても活躍しており、同世代女性をはじめ多くの世代に人気です。

初主演は乃木坂46在籍中に出演した映画『あさひなぐ』。

ドジで運動も苦手だが、薙刀(なぎなた)にひかれて薙刀部に入部し部活に夢中になっていくヒロイン東島旭を爽やかに演じました。

2018年いっぱいで乃木坂46を卒業。

2019年に放送され大ヒットとなったドラマ『あなたの番です』に出演し、その怪演が大いに評価されました。

さらに本作のスピンオフが8月27日からFODにて放送予定!

今後ますますの活動を期待せずにはいられない女優さんですね。

成田凌(小野塚綾役)

成田凌さんが本作で演じる役は当初、清原翔さんが演じる予定でしたが、療養中であったため『MEN’S NON-NO』の同期である成田さんが代役を務めることになったそうです。

もともと美容学校に通っていたものの美容師にはならず、俳優の道を選んだ成田さん。

ドラマ『人は見た目が100パーセント』でイケメン美容師を演じ反響を呼びました。

映画『キセキ -あの日のソビト-』ではグリーンボーイズとして歌声も披露しています。

また『スマホを落としただけなのに』での怪演や『愛がなんだ』で見せたリアルで不器用な若者の恋愛などが評価され、今後の出演作には『』や『窮鼠はチーズの夢を見る』が控えるなど、期待度が高まる一方の若手俳優さんです!

井之脇海(羽倉龍之介役)

井之脇海さんは子役としてキャリアをスタートさせましたが、黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』への出演をきっかけに本格的に役者の道を志すようになったそうです。

当作では第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞しています。

その後柳楽優弥さん、瀬戸康史さんらが出演する時代劇『合葬』や、若手俳優が勢揃いした『帝一の國』、豪華俳優陣による『ザ・ファブル』などに出演し頭角を表してきました。

さらにNHK大河ドラマ『平清盛』『おんな城主 直虎』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも続けて出演し、連続テレビ小説『ごちそうさん』や『ひよっこ』でも存在感を示しています。

活躍の場は俳優業にとどまらず、脚本・監督・出演を手掛けた短編映画『言葉のいらない愛』がカンヌ国際映画祭のマルシェに正式出品されています!

金澤美穂(工藤虹子役)

2019年に放送されたドラマ『あなたの番です』でシンイー役を演じ、カタコトの日本語の話し方がリアルだと話題になった金澤美穂さん。

ドラマ『あなたの番です』で話題になったものの実は金澤さんのキャリアは長く、2007年にドラマ『愛のうた!』で女優デビューし、『容疑者Xの献身』『はじめての家出』『60歳のラブレター』などにも出演、第1回TAMA映画賞最優秀新進女優賞も受賞しているんです!

実写映画『魔女の宅急便』や『心が叫びたがってるんだ。』、ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』など話題作に幅広く出演している女優さんです。

まとめ

それぞれの登場人物が薬剤師という仕事について、また患者との向き合い方について真摯に演じている姿が印象的な『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。

いよいよ中盤に差し掛かってきましたね。

今後の展開から目が離せません!

タイトルとURLをコピーしました