『私たちはどうかしている』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

ドラマ

現在『BE LOVE』にて連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』(安藤なつみ作)が原作のドラマ『私たちはどうかしている』。

15年前の老舗和菓子屋で起きた出来事を巡り、運命に翻弄される二人を描いた愛憎劇です。

二人はどうなるのか…果たして真相は…。

結末の見えない物語が始まります。

『私たちはどうかしている』のあらすじと注目ポイント

和菓子職人である花岡七桜は、ごひいきの客から引き出物を決める対決を依頼されます。

その相手は老舗和菓子屋「光月庵」…それは七桜から全てを奪った因縁の相手でした。

15年前、光月庵にて住み込みで働いている和菓子職人だった母(百合子)と幼い七桜は、そこの一人息子である高月椿と仲良くなり幸せな日々を過ごしていました。

ある日の明け方、雷が鳴り響く中で椿の父(樹)が殺されます。

傍らで立ち尽くす椿は駆け付けた従業員の前で「殺したのは百合子だ」と証言します。

殺人犯の娘となり全てを失った七桜は血の色つまり赤色に恐怖を感じるというハンデを持ってしまうのでした…。

時は戻り現在、覚悟を決めた七桜は和菓子対決に髪を切り落として臨みます。

対決当日15年ぶりの再会となる椿は七桜に気づかず、対決の後には決められた結婚を破談にするためにプロポーズしてきます。

この先二人はどうなっていくのか…物語は壮絶な愛憎劇を繰り広げていきます。

『私たちはどうかしている』の主要キャスト

・花岡七桜・・・浜辺美波

・高月椿・・・横浜流星

・城島祐介・・・高杉真宙

・長谷川栞・・・岸井ゆきの

・山口耕一・・・和田聰宏

・多喜川薫・・・山崎育三郎

・大倉百合子・・・中村ゆり(故人 七桜の母)

・高月樹・・・鈴木伸之(故人 椿の父 先代当主)

・高月宗寿郎・・・佐野史郎(椿の祖父)

・高月今日子・・・観月ありさ(椿の母)

浜辺美波(花岡七桜役)

2011年『東宝シンデレラオーディション』をきっかけに芸能界入りし、同年公開『アリと恋文』の主演で女優デビューを果たした浜辺美波さん。

2017年『君の膵臓をたべたい』で主人公を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

この作品は人気作家住野よるのデビュー作で、原作小説の話題性に加えて主人公の演技が好評を博し興行収入35億円超の大ヒットとなりました。

この作品で一躍注目を浴びた浜辺さんはこの先も複数作品の公開予定があるなど、若手人気女優の一人です!

横浜流星(高月椿役)

横浜流星さんは小学6年生の時にスカウトされ芸能界入りします。

仮面ライダーフォーゼ』など特撮ヒーロー作品の出演を経て、『愛唄-約束のナクヒト-』で主演を務めました。

あなたの番です-反撃編-』『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』など話題作への出演が続き、本作品での主演が決まりました。

撮影中に自身の新型コロナウイルス感染が判明し放送日程は変更になりましたが、完治後に撮影に復帰し放送日を迎えています。

この先に公開予定作品も控えており、今後が楽しみな俳優さんです!

高杉真宙(城島裕介役)

小学6年生の時にスカウトされ芸能界入りし、2009年『エブリ リトル シング’09』で俳優デビューを果たした高杉真宙さん。

2012年『カルテット!』で映画初主演を果たし、その後は『仮面ライダー鎧武/ガイム』など特撮ヒーロー作品への出演が続きます。

2014年の『ぼんとリンちゃん』で横浜映画祭の最優秀新人賞を受賞すると、2018年の主演映画作品『笑顔の向こうに』でモナコ国際映画祭の最優秀作品賞(エンジェルピースアワード)を受賞します。

2020年8月に公開される話題の映画『』にも出演している若手俳優さんです。

岸井ゆきの(長谷栞役)

高校生の時に女性カメラマンにスカウトされて芸能界入りした岸井ゆきのさん。

2009年『小公女セイラ』で女優デビューすると、ドラマ・映画・舞台に出演を続け2016年『真田丸』で大河ドラマ初出演を果たします。

2017年には『おじいちゃん死んじゃったって』で映画初主演を務め横浜映画祭の最優秀新人賞を受賞。

2018年の連続テレビ小説『まんぷく』では、当時の年齢よりも12歳下の役を演じるためノーメイクで声のトーンを上げるなどの役作りに取り組んだそうです。

その後も数々の作品に出演を続けています。

和田聰宏(山口耕一役)

元美容師の経歴を持ち、2000年に映画『BULLET BALLET』のオーディションに合格して俳優デビューした和田聰宏さん。

連続ドラマ初出演となる『東京湾景』(2004)で仲間由紀恵さんの恋人役を演じ注目されるようになります。

2005年に『死霊波』で映画初主演を果たし『雨の町』(2006)、『HIROMI』(2007)と映画主演を続けます。

その後下町ロケット』『あなたの番です』など話題作への出演を続け、今後も3作品の公開予定を控えています

まとめ

複雑な心情が織り交ざり、人間関係が絡み合って激しい愛憎劇が繰り広げられる『私たちはどうかしている』。

どんな結末が待っているのでしょうか…予測不能なラブサスペンスドラマで、とても楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました