アン・ハサウェイ特集!「キャットウーマン」を演じた作品や過去の出演映画まとめ!

俳優・監督

キュートさと美しさを兼ね備えたハリウッド女優アン・ハサウェイ

クリストファー・ノーランが監督を務めた『ダークナイト ライジング』(2012)でミステリアスなキャットウーマンを演じたことでも話題になりましたね!

そんな、アン・ハサウェイが出演した映画をご紹介していきます!

アン・ハサウェイのプロフィール

1982年ニューヨークブルックリンで生まれたアン・ハサウェイは、高校卒業後に俳優養成学校で演技を学び、1999年にコメディドラマシリーズ『ゲット・リアル』の主人公に抜てきされた後、映画デビュー作の『プリティ・プリンセス』(2001)が全米で大ヒットしブレイクします。

その後も『ブロークバック・マウンテン』(2005)、『プラダを着た悪魔』(2006)、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(2007)、『ダークナイト ライジング』(2012)、『レ・ミゼラブル』(2012)、『インターステラー』(2014)、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)など次々と話題作・ヒット作に出演し、その人気を不動のものにしました。

今年もNetflixオリジナルのスリラー映画『マクマホン・ファイル』が配信中です。

アン・ハサウェイの主な出演映画

『プリティ・プリンセス』(ミア・サーモポリス役)

アン・ハサウェイの映画デビュー作である本作は、地味でさえない女子高生が実は王位継承者である王女だったというシンデレラストーリーです。

しかし、王女だった!ハッピー!という単純なストーリーではなく、王女であるがゆえの生きづらさや厳しさ、葛藤などがしっかり描かれており、深みのあるコメディ映画となっています。

全米1億ドルを超える大ヒットを記録し、一躍アン・ハサウェイの名が世の中に広まった作品

2004年には続編である『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』が公開されました。

ドレス姿や制服姿のキュートでエレガントなアン・ハサウェイは必見です!

『プラダを着た悪魔』(アンドレア・サックス役)

女性が憧れる仕事であるファッション雑誌「ランウェイ」の編集部で働くこととなった主人公アンドレア・サックスは、鬼編集長と悪名高いミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタントとして、公私混同かつ無理難題の要求をこなしていかなければいけない激務に奮闘します。

ファッション雑誌に就職しながら文芸誌での仕事への足掛かりとしか考えていなかったアンドレアですが、次第にファッションや仕事へのやりがいに目覚めていき、プライベートと仕事の間で翻弄されることとなります。

さえない見た目だった主人公がファッションに目覚め、鬼編集長の無理難題に果敢に挑んでいくさまは何とも爽快で、見終わった後のすがすがしい気分がとても心地いい映画となっています!

さまざまなおしゃれファッションに身を包むアン・ハサウェイにも要注目です!

『アリス・イン・ワンダーランド』(白の女王役)

不朽の児童文学小説『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を原作とした、ファンタジー映画です。

原作のストーリーから13年後という設定で、不思議の国での出来事を忘れていた19歳のアリスが、再びウサギを追って赤の女王によって支配されてしまった不思議の国に入り込み、白の女王やマッドハッターら仲間とともに国を救うというオリジナルストーリーとなっています。

ジョニー・デップ演じるマッドハッターも話題でしたが、高貴な雰囲気漂う白の女王役をアン・ハサウェイが見事に演じたことも注目を集めました!

『ダークナイト ライジング』(セリーナ・カイル/キャットウーマン役)

鬼才クリストファー・ノーラン監督が手掛けたスーパーヒーロー映画です。

アメリカン・コミック『バットマン』を原作とし、『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』などの「ダークナイト・トリロジー」の第3作目であり最終章となっています。

この作品で、アン・ハサウェイは敵か味方かわからないセクシーでミステリアスなキャットウーマンを熱演しています。

キャットウーマンの特徴である猫耳の他に、ぴったりとしたセクシーなボディスーツは体のラインが強調される上とてもきつめに作られていたようで、ふんだんにあるアクションシーンはとても苦労したようです。

ストーリーだけではなく、セクシーな猫ミミ姿のアン・ハサウェイも魅力的な映画です!

『インターステラー』(アメリア・ブランド役)

続いてもクリストファー・ノーランが監督した近未来SF映画です。

壮大なスケールで描かれる本作で、アン・ハサウェイは聡明な女性科学者アメリア・ブランドを演じています。

大昔になくなったはずのNASAは、別の銀河に人類の新天地を求めるプロジェクト”ラザロ計画”を遂行しており、アメリア・ブランド教授は第2の惑星を探すため主人公ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー)らとともに宇宙へ旅立ちます。

特殊相対性理論(ウラシマ効果)特異点ニュートン力学など、科学的根拠のある演出や、ヒューマン要素もある超大作です。

宇宙服に身を包みさっそうと役を演じるアン・ハサウェイに注目したい作品です!

まとめ

キャットウーマンなどの刺激的なキャラクターや、等身大の女性など幅広い役柄を演じるアン・ハサウェイは、美貌と実力を併せ持つハリウッド女優です!

近年も多くの映画に出演していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました