映画『蒲田前奏曲』のキャスト&あらすじまとめ!

映画

静かな雨』の中川龍太郎監督、『月極オトコトモダチ』の穐山茉由監督、『Dressing Up』の安川有果監督、『叫び声』の渡辺紘文監督の4人の新鋭監督が連作した長編映画『蒲田前奏曲

“売れない女優”蒲田マチ子を演じる松林うららさんら、キャストには新鋭女優が集結しています。

気になるあらすじキャストを紹介していきます!

映画『蒲田前奏曲』のあらすじと注目ポイント

第1番『蒲田哀歌』(監督・脚本:中川龍太郎)

蒲田マチ子(松林うらら)は弟の蒲田タイ蔵(須藤蓮)と共に上京し、女優を目指すもののなかなか売れず、アルバイト先の食堂とオーディションを往復する日々。

そんなある日、弟の彼女(古川琴音)と出会い女優として、女性としての価値観を考えさせられることになります。

第2番『呑川ラプソディ』(監督・脚本:穐山茉由)

マチ子は大学時代の友人5人と久々に女子会をしますが、次第に独身チームと既婚チームに分かれ気まずい雰囲気になってしまいます。

そこでマチ子は蒲田温泉に行こうと提案しますが…。

第3番『行き止まりの人々』(監督・脚本:安川有果)

セクハラや#metooの実体験・エピソードがあれば話す、というオーディションを受けたマチ子。

皆が戸惑いうまく演じられない中、マチ子の隣にいた黒川(瀧内公美)だけは迫真の演技を見せ、マチ子と黒川は最終選考に残りました。

第4番『シーカランスどこへ行く』(監督・脚本:渡辺紘文(大田原愚豚舎))

舞台は蒲田からマチ子の実家のある大田原へと移ります。

大田原に住むマチ子の親戚のリコは大田原で映画の撮影現場に来ており、そこに映画監督がやって来ます。

映画監督の視点を通して東京中心主義、映画業界、日本の社会問題批判が描かれていきます。


マチ子の視点を通して“女”であること、“女優”であることを見つめ、社会への皮肉などを4人の新鋭監督がそれぞれの手法で描いていきます!

映画『蒲田前奏曲』の主要キャスト

蒲田マチ子役は、『飢えたライオン』で主演を務め本作のプロデュースも務めた松林うららさんが演じ、マチ子を巡る登場人物には今話題の名バイプレーヤー伊藤沙莉さん、『火口のふたり』で注目を浴びた瀧内公美さんなど気になるキャスト陣が集結しています。

松林うらら(蒲田マチ子役)

高校卒業後、演技学校「映画24区スクール」で演技を学び、18歳でスカウトされモデルとして活動を開始しました。

2012年にオーディションで見事主役を勝ち取り『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』で映画デビューしました。

映画『バースデーカード』(2016)、『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017)、『燃えよ電エース』(2017)などへの出演を経て、デビュー作ぶりに主演を果たした『飢えたライオン』(2018)での演技が評価され一躍有名になりました。

映画・ドラマの他にも舞台『Can you believe ファンタスケッチ?』(2014)、『明日、rainy Blueで、』(2016)、『熱海殺人事件-ザ・ロンゲスト・スプリング-』(2018)に出演しています。

古川琴音(野口セツ子役)

現在放送中の朝の連続テレビ小説『エール』に主人公・古山裕一(窪田正孝)の娘である古山華で出演しています。

2018年に公開され初主演を務めた映画『』(2018)は京都国際映画祭2018クリエイターズ・ファクトリー グランプリを受賞しています。

映画『チワワちゃん』(2019)では若手俳優陣の中でも存在感を示し、『十二人の死にたい子どもたち』(2019)で演じたミツエ役も話題となりました。

今後の待機作として映画『泣く子はいねぇが』(2020年11月20日)、『花束みたいな恋をした』(2021年1月29日)、『街の上で』(2021年公開予定)などがある、今後期待の女優です。

伊藤沙莉(帆奈役)

2003年9歳でドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』に出演し芸能界デビューしました。

子役としてドラマ『女王の教室』(2005)、映画『悪の教典』(2012)、『幕が上がる』(2015)など話題作に次々出演します。

そんな伊藤沙莉さんですが、2019年ごろから名バイプレーヤーとして注目を浴びていき、ドラマ『いいね!光源氏くん』(2020)の演技でその人気を不動のものにします。

現在公開中の映画『十二単衣を着た悪魔』、『ホテルローヤル』をはじめ今後の待機作として映画『えんとつの町のプペル』(2020年12月25日公開予定)も控える売れっ子女優です。

福田麻由子(麻里役)

子役としてキャリアをスタートし、2004年下妻物語』で映画デビューを果たします。

ドラマ『女王の教室』(2005)、『火垂るの墓』(2005)、『白夜行』(2006)、映画『日本沈没』(2006)、『犬と私の10の約束』(2008)など話題作に次々出演してきました。

近年では『いやむしろわすれて草』(2013)、『まゆをひそめて僕を笑って』(2017)、『片思い』(2017)、『夢のLife twoトゥライフ』(2017)など舞台にも幅を広げて活動しています

現在放送中のドラマ『メンズ校』(2020)にも出演しています。

瀧内公美(黒川瑞季役)

大学卒業後に女優としての活動を開始し、映画『さよなら渓谷』(2013)などへの出演を経て『グレイトフルデッド』(2014)でオーディションを勝ち抜き見事主演に抜てきされます。

映画『日本で一番悪い奴ら』ではヒロイン廣田敏子役を演じ、主演を務めた『彼女の人生は間違いじゃない』(2017)の演技が評価され、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞2017年度全国映連賞女優賞を受賞しています。

柄本佑さんと主演を務めた映画『火口のふたり』(2019)では大胆な役を体当たりで演じ、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞しました。

今後もアンダードッグ』(2020年11月27日公開予定)、『裏アカ』(2020年公開予定)、『花束みたいな恋をした』(2021年1月29日公開予定)、『由宇子の天秤』(2021年公開予定)と出演作が続く人気の女優さんです。

まとめ

以上、映画『蒲田前奏曲』のあらすじキャストを紹介しました。

新鋭監督4人の才能が光る演出に加え、“女性”であることについて考えさせられるような映画になっています。

タイトルとURLをコピーしました