映画『罪の声』の評価まとめ!みんなの感想・レビューをチェック!

映画



日本を代表する俳優小栗旬さんと星野源さんが初共演を果たした映画罪の声が公開されています。

大注目の本作に対する評価をまとめてご紹介します。

映画『罪の声』のあらすじと注目ポイント

大日新聞記者の阿久津は、すでに時効を迎え未解決となっている事件を追う時別企画班に抜てきされます。

35年前、複数の食品会社を狙った脅迫事件が発生していました。

身代金を要求する誘拐事件や毒物の混入など、繰り返される凶悪犯罪が日本中を震撼させ、犯人の動向に警察やマスコミは踊らされていたのでした。

阿久津は、犯人が脅迫テープに使用した3人の子どもの声に興味を持ちます。

一方、京都でテーラーを営んでいた曽根は家族で幸せに暮らしていました。

ある日、曽根が父の遺品を整理していると1本のカセットテープが出てきます。

気になった曽根がカセットテープを再生すると、未解決事件に使われた犯行テープと同じ声が聞こえてきたのでした。

そして、その声が自分の幼いころの声だと気付いた曽根は・・

映画『罪の声』の評価・感想はどんな感じ?

全体的に高評価の意見が多かった映画罪の声』は、事件に巻き込まれた人たちの心情を中心に描かれています

そんな考えさせられるストーリーに視聴者はどんな感想を抱いたのでしょうか。

映画『罪の声』に高評価を与えている人たちの感想

実際に起こった事件だが、35年の時を経て解決したかのようにみせるストーリーが素晴らしいです、あと80年代を見事に再現した映像も素晴らしい

引用元:https://eiga.com/movie/91122/review/

主役の二人から脇を固める役者さんから子役まで、誰一人欠けることない素晴らしい演技でぐっと引き込まれる世界観だった。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/368008/review/2214/?c=2&sort=lrf

主役の小栗旬や星野源も良かったけど

脇役もみんな達者で泣かされました。

懐かしさと切なさに溢れた映画でした。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/368008/review/2198/?c=4&sort=lrf

この事件は産まれてもないし全く知らなかったけど

ストーリーが分かりやすいし、だからこそ、面白かった

引用元:https://filmarks.com/movies/83891?page=2

一方ではこんな低評価も。。

すっきり系ミステリーだと勝手に思い込んでいたので、重すぎて凹みました…。

引用元:https://filmarks.com/movies/83891?page=3

マスコミとは?報道の意義とは?の問いかけが綺麗ごとでまとめられ感が否めないのが少し残念。重い気持ちで映画館を後にする作品。

引用元:https://filmarks.com/movies/83891?page=3

切なすぎる。。

後味悪い作品でした。。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/368008/review/2043/?c=12&sort=lrf

私にはピンとこない作品でした。

とても期待していたので少しだけ残念。

引用元:https://eiga.com/movie/91122/review/

映画『罪の声』が賛否両論な訳を考えてみた

実際に起こった事件を題材にした本作は、当時の事件を知っている方も知らない方も楽しめる内容だったようです。

事件に関わった人たちの心情を描いたストーリーに引き込まれてしまった視聴者が多く、高評価感想が多く見受けられました

しかし、視聴者の中には気持ちが重くなってしまった方もいたようで、低評価の意見も少なからずありました。

まとめ



映画罪の声』の評価まとめはいかがでしたか?

時効になった事件が題材になっているということで、どこかリアルな人間の心情が視聴者を引き込んでしまう作品になっているようです。

タイトルとURLをコピーしました