①今年の阪神はどうなる?

今年は例年よりも早くペナントが開始し、夏の中断期間にはオリンピックに毎日熱中し!と楽しみにしていたのははるか昔に感じます…

今となっては、開催されることすら怪しくなってきた、今年のペナントレース

わが阪神タイガースは、例年になく、前評判が高いシーズンでした。

若手が育ち、投手力は安定しており、外国人も期待できそう!と楽しみばかりのシーズンでしたが…どうなることやら。

無事ペナントレースが開催されたとしたら、贔屓目なしに、今年の阪神はどのぐらい期待できるのでしょうか。

阪神は何と言っても投手力のチームです。昨年もセリーグでは断トツのチーム防御率。今年は、ジョンソンが抜けたものの、藤川、岩崎を中心とした中継ぎは昨年同様に安定してそうです。また、先発陣については、プラスはあってもマイナスの情報は無いような気がしますね。

また、課題の野手陣についても、各ポジションに2人ぐらいレギュラークラスがいる状態になってきました。昨年チーム打点王の大山や福留、糸井といったベテランも安泰とは言えない状態になっています。ただ、打力も課題ですが、何と言ってもやはり守備力でしょう。センターラインを中心として、守備力を重視した人員配置も考えてもらいたいところです。

総合的に考えると、以下のようなメンバーになるのではないでしょうか?

先発ローテーション

西勇輝、高橋遥人、青柳、ガルシア、秋山、岩貞

中継ぎ

岩崎、島本、谷川、守屋、能見、エドワーズ

抑え

藤川球児

スターティングメンバー(野手)

1番ライト 糸井

2番センター 近本

3番サード 大山

4番ファースト ボーア

5番レフト サンズ

6番セカンド 糸原

7番キャッチャー 梅野

8番ショート 木浪

代打・代走

原口、福留、高山、北条、上本、植田、江越

サンズのところに高山、木浪のところに植田がからんでくると、

将来的にかなり強いメンバーになると思います。

ボーアの調子が上がらない場合には、大山をファーストにして、マルテをサードで使うのも面白そうです。

やはり落ち着いてみてみると、昨年よりもかなり戦力が上がっていそうな気がします。

外国人が爆発すれば、ペナント制覇も夢ではなさそうですね。

比べると、他チームは昨年よりも戦力を落としているチームが多いです。

まず巨人は、エース格の山口が抜けました。この穴は大きそうです。そして、例年になく、FA戦線で苦戦しており、新たな戦力はあまり見えてきません。

カープについても、昨年丸が抜けた穴は大きく、田中、菊池は衰えが見えてきたように思います。巨人同様、新戦力という意味であまり見えてきておらず、なかなか苦戦しそうです。

そして、何よりも戦力を落としたチームが横浜です。筒香の穴が簡単に埋まるとは思えず、優勝を狙うのは厳しいのではないでしょうか?

このように、阪神が戦力アップしているのに対して、他のチームは良くて現状維持、明らかに戦力ダウンをしているチームもあります。このため、多くの解説者が阪神を優勝候補にするのも納得がいくのではないでしょうか?

だからこそ、今年のペナントレースがいつもどおり行われないのはくやしい泣

ここ10年ぐらいでは、一番優勝が狙えるシーズンだと思われます。

熱狂的なファンとしては、観客数を減らしてでも、何とか100試合ぐらいは確保してもらい、ペナントレースを開催してほしものです。

コロナ~早く収まってくれー

せめて無観客でならやってもいいとみんなが思う程度に、状況がよくなってほしい。そのためには、いまは何があっても不要不急の外出を控えることが大事ですね・・

次回以降は、もう少し内容をしぼって、今年の阪神を占っていきたいと思います。もちろん、素人の意見ですので、ひいきの選手には甘くなりがちだと思いますがw それではまた明日―

コメント

タイトルとURLをコピーしました