『妖怪シェアハウス』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

ドラマ

小芝風花さんの民放連ドラ初主演作品となる『妖怪シェアハウス』!

どん底気弱女子が妖怪とルームシェアする奇想天外なホラーコメディドラマです。

『妖怪シェアハウス』のあらすじと注目ポイント

目黒澪は言いたいことも言えず、ひたすら人に嫌われないよう空気を読んで生きてきました。

そんな澪は究極のだめ男と恋をし、その男のせいでお金も仕事も全てを失います。

どん底の澪が辿り着いたのは何と妖怪たちが生活するシェアハウス!?

お岩さん、酒呑童子、座敷童子、ぬらりひょん…誰もが一度は耳にした妖怪たちが現代にうまく溶け込み、お岩さんはナースとして働き、ぬらりひょんは弁護士兼経営コンサルタントとしてカレー屋を経営していたり…と個性的な妖怪たちが見どころです。

妖怪たちは少々やりすぎるところはありますが、同居のよしみで澪を助けようとします。

酷い目にあいながらも頑張る澪の姿も必見です!

『妖怪シェアハウス』の主要キャスト

主人公目黒澪を演じるのは期待のコメディエンヌ小芝風花さん。

個性豊かな妖怪役は話題の女優松本まりかさん、個性派俳優大倉孝二さんなどが務めます。

小芝風花(目黒澪役)

デビューして間もない16歳の頃、映画『魔女の宅急便』(2014)で初主演を果たし、原作のイメージ通りのキキを好演した小芝風花さん。

清水崇監督をはじめ、共演者らからも大きな評価を得ました。

さらに同作で第57回ブルーリボン賞・新人賞、第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞(小森和子賞)を受賞しています。

その後大きな転機となったNHK朝の連続ドラマ『あさが来た』では主人公あさ(波瑠)の娘役を演じ、体当たりな演技や、当時高校生ながら娘から母になるまで演じきった演技力が大いに評価されました。

本作ではそんな小芝風花さんのコメディエンヌとしての才能が開花しています!

松本まりか(四谷伊和役)

2000年に放送されたドラマ『六番目の小夜子』で女優デビューを果たした松本まりかさん。

同時に2000年から01年まで『ピチレモン』でモデルとしても活動し、さまざまなドラマや映画にも出演しています。

中でも2018年に放送されたドラマ『ホリデイラブ』で演じた“あざと可愛い”キャラクターがSNSをはじめ大きな反響を呼びました。

その反響は同年8月に発表された「Yahoo!検索大賞2018」の中間発表で女優部門第3位にランクインするほどでした。

女優だけでなく声優としても活躍しており、ゲーム『FINAL FANTASY X』のリュック役や大人気少女漫画『シュガシュガルーン』の主人公ショコラ=メイユール役などを務め、多岐にわたって活動しています。

大倉孝二(沼田飛世役)

大倉孝二さんは1995年に劇団ナイロン100℃に入団し、舞台をはじめ俳優としても個性的でクセのあるキャラクターの演技に定評がある名バイプレイヤーです。

一躍有名になったのは曽利文彦監督の映画『ピンポン』(2002)で演じた佐久間学(アクマ)役でした。

主人公2人(窪塚洋介井浦新)のライバル役で、スキンヘッドのインパクトとアクの強いキャラクターが話題になりました。

その後もNHK大河ドラマ『新撰組!』(2004)、『カルテット』(2017)、『アンナチュラル』(2018)と途切れることなく話題作に出演し名バイプレイヤーとして活躍。

ドラマ、映画にとどまらず「キリン生烏龍」のインパクトのあるCM出演やバラエティへの出演と幅広く活動しています。

味方良介(水岡譲役)

2011年『恋するブロードウェイ♪』 でデビューした味方良介さんは翌年、大人気ミュージカル『テニスの王子様』(2012~14)に柳生比呂士役として数多くの公演に出演し、一躍有名になります。

その後もミュージカル『薄桜鬼』(2013~15)に山南敬助役、残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』(2015)ダフ役とさまざまなミュージカルで存在感を示してきました。

大きく飛躍するきっかけとなったのは、2017年に史上最年少の若さで木村伝兵衛役を演じた、つかこうへいさんの舞台『熱海殺人事件でした。

2019年まで3年連続で木村伝兵衛を演じました。

テレビドラマ初主演を果たしたのは2020年1月に放送されたドラマ『教場』。

その後7月に放送されたドラマ『ふろがーる!』第3話に出演し、3作目の出演ドラマとなるのが本作です。

大東駿介(原島響人役)

『FINEBOYS』でのモデル活動を経て、2005年に放送された『野ブタ。をプロデュース』で俳優デビューした大東駿介さん。

以降『クローズZERO』シリーズの桐島ヒロミ役や、2011年に放送されたドラマ『桜蘭高校ホスト部』の鳳鏡夜役、『リアル鬼ごっこ』など多くの学園ものに出演しています。

2012年にはNHK大河ドラマ『平清盛』で平家盛役を演じ、時代劇初出演を果たしました。

その後、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』(2015)、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019)と続けて出演しています。

湊かなえ原作の映画『白ゆき姫殺人事件』(2014)に出演し、同じく湊かなえ原作『望郷』(2017)では貫地谷しほりさんとW主演を果たしています。

まとめ

奇想天外な設定に引き込まれ、個性豊かな妖怪たちの活躍も気になるところではありますが、いよいよドラマも佳境に入ってきた『妖怪シェアハウス』。

目黒澪と大東俊介さん演じるドSな上司の恋路の行方や目黒澪がどう成長していくのか気になるところですね!

タイトルとURLをコピーしました