『アンブレラ・アカデミー』を5つのキーワードで読み解く!(ネタばれあり)

ドラマ

Netflix話題の大人気シリーズ『アンブレラ・アカデミー』。

ここでは先につながるつのキーワードであらすじを読み解きます

『アンブレラ・アカデミー』のあらすじ

妊娠していなかった43人の女性が世界中で突然一斉に出産します。

その中から7人の子どもを養子に選び英才教育を施すのは、奇人の資産家で冒険家のレジナルド・ハーグリーブズ卿。

傘と制服が好きな彼が設立したのがアンブレラ・アカデミーでした。

ヒーロー集団となり活躍していた彼らは、ヒーローを辞めバラバラとなった17年後レジナルド・ハーグリーブズ卿の訃報を聞き、集まったアンブレラ・アカデミーで8日後の地球滅亡を知るのです。

地球滅亡を阻止するため戦う彼らの未来はどうなるのか?

ここからは、キーワードを軸に詳しく解説していきましょう!(ネタバレあり)

『アンブレラ・アカデミー』5つのキーワード

キーワード①:43人

妊娠していない女性が一斉に出産するという、ありえない事態からこの物語は始まります。

この43人というのが、鍵になります。

この時、特殊能力を持つ7人が選ばれるのですが、残りの子どもたちもそうなのでは?とつい考えてしまいますね。

キーワード②:特殊能力

ルーサー・・・物凄い腕力と砲弾も効かない頑丈な体。

ディエゴ・・・投げたナイフの軌道を思い通りに操る。さらに進化して飛んできた銃弾も操れるようになる。

クラウス・・・死者と交流ができる。行動を命じ、体に憑依させることもできる。

アリソン・・・言葉にしたウワサが実現する。人の行動を操るなど。

ファイブ・・・空間移動ができる。時空間移動もできるが自在に操れない。

ベン(故人)・・・怪物の能力を使える。

ヴァーニャ・・・能力はない?と思われていたが、実は地球を滅亡させる力を持つ!

それぞれが進化の可能性も見せる能力に大注目です!

時空間移動したファイブを滅亡後の世界で暗殺者としてスカウトしたのが、地球滅亡を監視する委員会。

自在に時空間移動できるブリーフケースを所有しており、滅亡の原因になる人物の暗殺と管理をしている組織でした。

そこで彼は、ヴァーニャが原因であることを突き止め過去へ戻るのです。

キーワード③:ホワイトヴァイオリン

これが地球を滅ぼす、ヴァーニャの能力名

怒りや危機の感情で発動する、強大なソニックウェーブのエネルギー波とバリア。

幼い頃からハーグリーブズ卿に薬で抑えられてきたこの能力ですが、薬を盗まれ感情が暴走することで覚醒するのです。

精神が不安定のまま怒ったヴァーニャは彼らをエネルギー波で拘束します。

しかし、背後にいたアリソンの銃声で気絶し、制御を失い放たれたエネルギー波が月に激突。

巨大な隕石が落下を始め地球は滅亡してしまいます。 

かろうじてファイブの能力で過去へ逃れたところでシーズン1は終わり、シーズン2は過去のダラスから始まります

それぞれ違う過去へと飛ばされた彼らは、それぞれの時代で生活していくのです。

しかし、また違う原因で地球は滅亡する運命にあり、ファイブだけは皆を探します。

新たな刺客も現れ窮地に立たされますが、何とか居場所を突き止め集まることができた彼ら。

記憶を失っていたヴァーニャは、それまでの生活で少しずつ感じた能力を意識的に開放します。

この事件でFBIに拷問され、その中で完全に覚醒して記憶も戻るのでした。

キーワード④:レジナルド・ハーグリーブズ卿

マジェスティック12という組織の一員であることがわかります。

その組織を壊滅させ、核兵器使用による戦争での地球滅亡は回避することになるのですが、その壊滅シーンが衝撃的!

顔は仮面だったらしく剥ぎ取ると、見たこともない異形の生命体があらわになるのです!

彼らは最後の戦いを迎えます。

そこにはライラという女性がいました。

キーワード⑤:彼らと同じように生まれた8人目

シーズン2から度々登場していたライラの正体は不明でしたが、7人と同じ特殊能力の持ち主でした。

彼女は目の前で見た能力をコピーします。

7人全員の能力発動が可能でほぼ無敵。

一度は彼女により全員倒されてしまうのです。

しかし、瀕死のファイブが能力を進化させ、秒単位で時空間移動し全滅を回避して戦いに幕を閉じます。

しかし自在に時空間移動できるブリーフケースで未来へ戻り、滅亡の日は回避したと喜ぶ彼らの前に死んだはずのレジナルド・ハーグリーブズ卿とベンが現れます

他に人影もあり、ここはスパローアカデミーだと告げられシーズン2は幕を閉じるのです。

まとめ

いかかでしたか?

当初の地球滅亡は回避できても、また振り出しに戻り波乱が起きるというベタなSFファンタジーでしたが、時代を前後する展開とそれを彩るミュージックには、ワクワクしてしまいました

現時点でシーズン3の制作は正式に発表されておらず、ファイブ役のエイダン・ギャラガーさんの成長を考えると1年以内くらいに制作されなければ、このまま終わってしまうかもしれません

けれども、異常現象は全てハーグリーブズ卿の仕業で、次々と現れる能力を持つ子どもたちと闘うのか?それとも力を合わせて別の何かと闘うのか?などつい考えてしまいます。

続編を期待したいですね!

タイトルとURLをコピーしました