『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

映画

コメディ映画『ハングオーバー!』シリーズの脚本を手がけた、ジョン・ルーカススコット・ムーアのヒットメーカーコンビが贈る最新作『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』。

今回はそんな最新作のキャスト陣についてご紹介したいと思います!

『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』のあらすじと注目ポイント

子どもの頃からスマホ依存症で、恋人も友だちもいないフィル。

そんなフィルがスマホを機種変更したところ、持ち主の情報や生活習慣を把握し、改善やアドバイスをする「ジェクシー」が搭載されていました。

さえないフィルの生活の全てを把握し改善していくジェクシーにフィルは振り回されながらも、おかげで初めての恋人ができます。

しかしフィルに恋人ができた途端、ジェクシーの様子が豹変し大変な事態に・・・。

いまやAIに嫉妬される時代!

上司への暴言メール、銀行口座から預金の流出、秘密の写真を一斉送信!などなど、スマホを主軸に置いた、今の時代でなければ生まれなかった抱腹絶倒の本作に注目です!

『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』の主要キャスト

アメリカで人気のコメディアンであるアダム・ディバイン、『X-MEN:アポカリプス』(2016)などでも有名なアレクサンドラ・シップ、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)にも出演したマイケル・ペーニャなど注目キャストが目白押しです!

アダム・ディヴァイン(フィル役)

アダム・ディヴァインは、1983年アイオワ州ウォータールーに生まれました。

高校を卒業後に、スタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせます。

2007年にコメディ映画『ママ男』の端役で映画デビュー。

アナ・ケンドリックなどが出演したミュージカルコメディ映画『ピッチ・パーフェクト』などへの出演でも知られるようになります。

2015年の『マイ・インターン』ではアン・ハサウェイロバート・デ・ニーロらと共演しました。

2013年からアンディ役で出演しているテレビコメディシリーズ『モダン・ファミリー』や、同年スタートのテレビアニメシリーズ『おっはよー!アンクル・グランパ』のメインキャラクターの一人でナルシストで自信過剰なピザのキャラクター「ピッツァ・スティーヴ」の声でも有名です。

面白くて演技力もある彼は今作にぴったりのキャスティングですね!

アレクサンドラ・シップ(ケイト役)

1991年7月16日生まれで女優、歌手、作詞家、そして演奏家と多才な顔を持つアレクサンドラ・シップ

17歳で演技の勉強のためにロサンゼルスへ渡り、18歳でアメリカのコメディ映画『アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹』の端役でデビューします。

2015年には伝説的ヒップホップグループN.W.Aの伝記的映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』でアイス・キューブの妻キンバリー・ウッドラフを演じました。

そして2016年に『X-MEN:アポカリプス』でミュータントのオロロ・マンロー/ストームを演じ、ティーン・チョイス・アワードとニコロデオン・キッズ・チョイス・アワードにノミネートされました。

その後も『デッドプール2』(2018)、『X-MEN: ダーク・フェニックス』(2019)、『最高に素晴らしいこと』(2020)などに出演しています。

大人の魅力がどんどんアップグレードされる彼女の今後に期待です!

マイケル・ペーニャ(カイ役)

本作ではフィルの上司カイを演じているマイケル・ペーニャ

そんな彼は現在44歳ですが、1990年代前半から数多くの作品に出演し、2004年のポール・ハギス監督の『クラッシュ』およびクリント・イーストウッド監督の『ミリオンダラー・ベイビー』で一躍有名俳優の仲間入りを果たします。

その他にも『ワールド・トレード・センター』(2006)、『ピザボーイ 史上最凶のご注文』(2011)、『アントマン』(2015)、『レゴニンジャゴー ザ・ムービー』(2017)、『ファンタジー・アイランド』(2020)など非常に多くの作品に出演しています。

渋カッコいいマイケル・ペーニャに、男女問わず釘づけですね!

ローズ・バーン(ジェクシー役)

本作のもう一人のヒロイン(?)ジェクシーの声を演じるのは、大人の魅力たっぷりのローズ・バーン

Max FactorのCMにも起用され、こちらは日本でも放送されました。

オーストラリア出身ということもあり1999年までは本国オーストラリアを中心に活動をしていましたが、2000年以降はアメリカやイギリスにも活躍の場を広げます。

2007年のアメリカのテレビドラマ『ダメージ』のエレン・パーソンズ役が高評価を得て、エミー賞助演女優賞にノミネートされます。

その後も『ノウイング』(2009)、『インシディアス』(2011)、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011)、『ANNIE/アニー』(2014)、『X-MEN: アポカリプス』(2016)、『コスメティック・ウォー わたしたちがBOSSよ!』(2020)など多くの作品に出演を続けており、ますます目が離せません!

まとめ

注目の俳優陣でお送りする『ジェクシー!スマホを変えただけなのに』。

ちなみに本作は、脚本家の二人がアメリカで人気のカーナビアプリ「Waze」の案内に注目したことが着想のきっかけだったそうですよ!

タイトルとURLをコピーしました