『ソワレ』の評判・感想まとめ!みんなの評価は?

映画

豊原功補さんや小泉今日子さんらが立ち上げた映画制作会社の記念すべき第一作目である『ソワレ』。

プロデューサーとしても参加し、話題の若手俳優と共に作り上げた作品を視聴者はどのように受け止めたのでしょうか!

評判評価をまとめてご紹介します。

『ソワレ』のあらすじと注目ポイント

俳優を目指して上京した翔太は俳優業でなかなか芽がでず、今ではオレオレ詐欺の集団に加担し毎日を生きていました。

そんな折、地元和歌山の高齢者施設で演劇を教えてほしいという話が持ち上がり翔太は和歌山へと向かいます。

そして翔太は、その高齢者施設でタカラという女性と出会います。

タカラを夏祭りに誘うため彼女の家を訪れた翔太は、父親から暴力を受けているタカラの姿を見てしまい、思わず彼女の手をとり逃げ出します。

そして二人の逃避行が始まって行くのです。

和歌山を舞台に、若い男女が贈る切ない逃避行劇の先に待っている現実とは・・。

『ソワレ』の評価・レビューはどんな感じ?

難しい内容だっただけに視聴者が感じたものもさまざまだったようで、それが種々の評価につながっているように感じました。

キャストにもストーリー性にも視聴者の意見が分かれているようで、そんなさまざまな感想をまとめてご紹介します。

『ソワレ』に高評価を与えている人たちの感想

決して救いのある話ではないのに、生きてることを肯定してくれる。

これは映画館で見てよかった。

引用元:https://filmarks.com/movies/85091

主演の2人、村上虹郎さんと芋生悠さんの圧倒的演技。

この2人の熱量凄まじい演技がこの作品に説得力を与えていたと思う。

引用元:https://filmarks.com/movies/85091

内容的には「映画上では良くある話」なのでしょうが、とにかく芋生さんの悲しげな表情が良かった。これに尽きます。

村上さんのだめ男ぶりも流石です。できればブカブカ煙草を吸うのは止めてほしかった。煙草でだめ男を演出するのは見飽きます。

引用元:https://eiga.com/movie/91482/review/

主演の村上虹郎さんと芋生悠さんの演技は非常に良いと思いました。お二人の演技には今後も期待したいです。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/370884/review/34/?c=3&sort=lrf

一方ではこんな低評価も。。

映像は魅力的に感じたけれど、そもそもの設定が自分には馴染めず、理解しかねる作品に感じてしまいました。

引用元:https://eiga.com/movie/91482/review/

肝心の筋書きが今ひとつで、大人が納得できる内容になっていない。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/370884/review/4/?c=14&sort=lrf

主人公たちの行動が少し暴力的だったり刹那的だったりする印象があるが、本作はとにかくやるせない行動のてんこ盛り。2人で逃げ出すまでの間に、おいおい!なんでそんな選択する!?と疑問に思うことだらけ。

引用元:https://eiga.com/movie/91482/review/

もうこれ言ったら野暮なんだけども特に翔太の行動原理が分からない。

いや分かってたまるかっつうキャラなんだけどね。

引用元:https://filmarks.com/movies/85091?page=8

『ソワレ』が賛否両論な訳を考えてみた

非現実的なストーリーでなかなか感情移入するには難しい映画だったため、展開していく内容に気持ちが追いつかない視聴者が多かったように感じます。

しかしヒロインの女性への演技に対してはほとんどの方が高い評価をつけていて、彼女の表情や動きに魅了され、映画館で見る価値はあったというところが、賛否両論の評価につながっていると思います。

まとめ

ソワレ』は単なる男女の逃亡劇のお話ではなく、二人の心模様が重大な鍵となり映画の中で大事に表現されているようです。

非現実的なストーリーなだけに敬遠する方もおられるかもしれませんが、映画館で主演2人の演技を見るだけでも価値がある映画のようです。

タイトルとURLをコピーしました