『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

ドラマ

今回は現在NHKドラマ10で放送中の『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~のあらすじと、キャストの皆さんの過去の出演作品を紹介していきたいと思います!

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』のあらすじと注目ポイント

「患者を診て治療したい」という想いで大学病院から民間の総合病院、佐々井記念病院に移籍してきた主人公の真野千晶。

しかし佐々井記念病院は聞いていた話とは違い、「患者様第一主義」「患者獲得競争」により3分診療を行っていました。

そんなある日同僚の浜口陽子、金田直樹と共に寝る暇もないほど多忙な日々を過ごす千晶の前に、「モンスター・患者」座間敦司が現れます。

千晶は些細なことから患者の座間に逆恨みされ、執拗なつきまといや嫌がらせを受けることになり、次第にエスカレートした座間は千晶を恐怖に陥れるのでした。

その他にもさまざまな患者と医師の関係性や、訴訟問題などが描かれています。

南杏子さん原作の本作ですが、南杏子さんは小説家兼現役の医師でもあるため医療現場の現状・課題がリアルに感じますね。

「泣ける」「続きが気になる」と話題のドラマですのでぜひご覧になってください。

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の主要キャスト

・真野千晶(貫地谷しほり

・浜口陽子(内田有紀

・座間敦司(田中哲司

・金田直樹(浅香航大

・真野万里(高梨臨

貫地谷しほり(真野千晶役)

『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』(海老名麻衣役)

主人公の莉子(北川景子)の親友で同居人の麻衣を演じており、莉子とバイト先も同じでしっかり者です。

本作で貫地谷しほりさんを知った方も多いのではないでしょうか。

トレードマークのお団子が似合っていて印象的でした。

B’zの主題歌も大ヒットした、バスケットボールをテーマにした爽やかなラブストーリーです。

『テセウスの船』(村田藍/田村鈴役)

犯人が誰かをめぐり毎週ネット上で話題になった本作

鈴は主人公の心の姉で、殺人犯の娘ということを隠すために整形して名前を変えています。

素性を隠して小学校の同級生のみきおと結婚しており、意地悪な義母にいびられながらも懸命に生きる鈴を見事に演じています。

内田有紀(浜口陽子役)

『ナオミとカナコ』(服部加奈子役)

広末涼子さん(直美)とW主演を務めた本作。

夫のDVに悩んでいた加奈子は親友の直美と一緒に夫を殺してしまいます。

二人は逃げ切ることが出来るのか⁉ハラハラドキドキのストーリーです。

また、中国人役の高畑淳子さんの演技にも、笑わずにはいられない!と癖になる人が続出しました。

『わたし、定時で帰ります』(賤ヶ岳八重役)

主人公の結衣は必ず定時で退社し、ハッピーアワーで飲むビールがルーティン。

賤ヶ岳八重は結衣の元上司で双子を出産して産休から復帰しますが、仕事と家庭の両立がうまくいかなくなります。

結衣がなぜ定時で帰るのかにも理由があり、働き方改革の今ぜひ見て欲しい作品です。

田中哲司(座間敦司役)

『緊急取調室』シリーズ(梶山勝利役)

緊急事案対応取調室班(キントリ)の梶山管理官を演じています。

取り調べでの犯人との心理戦や、キントリ班の個性豊かなメンバーが面白く人気の本作。

梶山管理官は大人の色気があってカッコイイ!とネットでも人気の役柄で、物語が進むにつれ主人公の真壁有希子との恋愛関係にも注目が集まりました!

『あなたの番です₋反撃編₋』(南雅和役)

大人気ドラマ「あな番」では第2章の反撃編から出演しています。

事件後空き部屋だった502号室に引っ越してきた、「事故物件に住んでみた芸人」でユーチューバーの「南☆サザンクロス」を演じています。

マンション内をウロウロする謎の男としてドラマの展開を盛り上げました。

浅香航大(金田直樹役)

『チア男子!!』(溝口渉役)

けがで柔道ができなくなった主人公が仲間と共にチアリーディング部を結成し大会を目指す青春スポーツ映画で、原作は『桐島、部活やめるってよ』で有名な朝井リョウさんです。

溝口渉は成績優秀で真面目だけど、リズム感のない眼鏡少年という役柄でした。

実際の浅香さんはジャニーズJr.出身なので運動神経は抜群ですよ。

『見えない目撃者』(日下部翔役)

警察学校卒業後に失明した主人公なつめが、視力以外の五感を研ぎ澄まし連続殺人犯を追うという本作。

浅香航大さんは事件を捜査する、生活安全課少年係の刑事の日下部を演じていますが「はまり役だった」「カッコよかった」とその演技力で注目されました。

手に汗握る展開なので、まだ見てない方はぜひ見てみてくださいね。

高梨臨(真野万里役)

『不機嫌な果実』(竹田久美役) 

2016年版としてリメイクされた本作では、高梨臨さんはワインバーを経営するバツイチの久美を演じています。

久美は主人公で親友の麻也子の夫婦間の相談に乗りますが、実は麻也子の夫と不倫関係で…という修羅場の連続、大人のドロドロストーリーです。

不倫というテーマですが、ところどころコメディチックな演出もあるので気軽に見ることができますよ。

『恋がヘタでも生きてます』(茅ヶ崎美沙役)

仕事は大好きだけど恋愛下手な美沙は、公園でランニング中に出会った男性と恋に落ちます。

恋に不器用な美沙が奮闘する姿がとにかくカワイイです!

登場人物それぞれの恋愛を描いているので、モヤモヤしたりキュンキュンしたり楽しめる作品ですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャストの皆さんは芸歴も長く演技派俳優ぞろいでした。

現在放送中の『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』、ぜひご覧になってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました