ノーラン監督最新作『TENET テネット』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

映画

この記事では、クリストファー・ノーラン監督の2020年話題作『TENET テネットの概要やキャストについてお伝えします。

『TENET テネット』のあらすじと注目ポイント

CIAエージェントの”名もなき男”(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は対テロ任務遂行中、ロシア人に捕らえられ拷問を受け、目を覚ますと、あるミッションを与えられました。

それは”時間の逆行”と呼ばれる装置を使い、未来からやってくる敵との”第三次世界大戦”を防ぐというものでした。

ミッションを達成するには「過去から未来へ進んでいく」という従来の時間のルールから脱却しなければなりません。

そのカギとなる”TENET”という言葉は使い方次第で未来が決まるというもの。

果たして男は世界を救うことができるのでしょうかー。

クリストファー・ノーラン監督お得意の「時間」をテーマにした本作

目まぐるしく変化する時間軸や、キャストらも戸惑ったほどの予測不能な展開に目が離せません!

『TENET テネット』の主要キャスト

  • ジョン・デヴィッド・ワシントン(名もなき男役)
  • ロバート・パティンソン(ニール役)
  • エリザベス・デビッキ(キャット役)
  • ほか

ジョン・デヴィッド・ワシントン(名もなき男役)

今作では”名もなき男”として激しいアクションやカーチェイスも披露したジョン・デヴィッド・ワシントンは、あの大物俳優デンゼル・ワシントンの息子です。

9歳の頃に父が主演する『マルコムX』(1992年)に端役で出演し、元選手という経歴を生かしてアメリカンフットボールを題材にしたテレビドラマ『ボーラーズ』(2015年~)で本格的に俳優として活動を始めました。

実話をもとにしたクライム・サスペンス『ブラック・クランズ・マン』(2018年)では白人至上主義のなか懸命に捜査に励む黒人刑事役として初主演を果たすと、同作はアカデミー賞6部門ノミネートされ、彼の演技も高評価を得ました。

新人ながらも彼の持つカリスマ性がノーラン監督の目に留まり『TENET』での主演が決まりました。

二世としての苦悩を抱えながらも地道にキャリアを重ね、実力派俳優として地位を確立し始めた彼の今後の活躍も注目です。

ロバート・パティンソン(ニール役)

イギリス出身のロバート・パティンソンは、今作では”名もなき男”の相棒ニールを演じました。

15歳からアマチュア劇団で経験を積み、『ニーベルングの指輪』(2004年)でプロとして初のTV映画に出演すると、翌年には『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)のセドリック・ディゴリー役で本格的にスクリーンデビューを果たしました。

2008年からは、人間の女の子とヴァンパイアが恋に落ちるトワイライト』シリーズでヴァンパイアの青年エドワード役を全作演じ切り、特にティーンから絶大な人気を得ます。

それまで演じた役柄から、色白で美しいルックスの若手スターというイメージが定着していたロバートですが、『グッドタイム』(2017年)ではガラッと雰囲気を変えニューヨーク最下層の犯罪者コニーを好演し、演技派として頭角を表しました。

2021年に『ザ・バットマン』の公開も控えているロバート・パティンソン

また新たな表情を見せてくれることでしょう。

エリザベス・デビッキ(キャット役)

フランス・パリ生まれのエリザベス・デビッキは5歳でオーストラリアに移ると、ダンサーの両親の影響もありバレエの特訓を受けていました。

演技経験も浅い中『華麗なるギャッツビー』(2013年)ではゴルフ選手ジョーダン・ベイカーを演じ、ハリウッド進出を果たしました。

当時20歳とは思えない色気を放ち注目を集めます。

2015年は『エベレスト3Ⅾ』でキャロライン役、『コードネームU.N.C.L.E.』のヴィクトリア役、『マクベス』ではマクダフ夫人役と、大作映画に数々出演し、精力的にキャリアを重ねていきます。

特にコードネームU.N.C.L.E.』でのヴィクトリアは、彼女の191cmという高身長やキリッと整った顔だち、白い肌など全ての要素が生かされ、冷徹な女性を圧倒的な存在感で好演しました。

映画を彩る類いまれな美しさは必見です。

ケネス・ブラナー(セイター役)

アイルランド出身でシェイクスピア俳優として知られるケネス・ブラナーは、23歳で劇団ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーへ入団し、舞台俳優として数多く主演を努めてきました。

1981年に『炎のランナー』で映画デビューすると、1989年には自ら監督・脚本・主演を努めた『ヘンリー五世』で主演男優賞監督賞ノミネートされます。

ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)のナルシストなギルデロイ・ロックハート役では、彼の甘いマスクがぴったりハマっていましたね。

近年は、2011年にシェイクスピアとはかけ離れたマーベルシリーズ『マイティ・ソー』で監督を務めるなど、幅広いジャンルで活躍しています。

根強い人気を誇るアガサクリスティ原作の『オリエント急行殺人事件』(2017年)でも監督・主演(エルキュール・ポアロ役)を務め、名作にケネスの色を加えて興業的にも成功を収めました。

2020年に続編として『ナイル殺人事件』の公開も控えていますのでそちらもお楽しみに!

まとめ

今回は『TENET テネット』の概要やキャストについてまとめてみましたが、そうそうたるメンバーがそろっていますね。

クリストファー・ノーラン監督も相当な意気込みで挑んだ『TENET テネット

迫力あるアクションシーンをぜひ劇場で体感したいですね!

タイトルとURLをコピーしました