めざましテレビで紹介された「TENET テネット」について調べてみた!

トレンド

めざましテレビで取り上げられたニュースの中から気になる話題をピックアップ!

今回は、映画ランキングで首位を獲得した洋画『TENET テネットについて、調べてみました!

週間映画ランキングで1位に輝いた『TENET テネット』!

9月29日に放送されためざましテレビの「今週の映画ランキング」にて、9月18日公開の『TENET テネット』が紹介されていました。

こちらの作品は、今週の映画ランキングで見事1位に輝きました!

ちなみに2位は、アニメで人気を博しファン待望の映画化が実現した『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

3位は、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画シリーズ『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』でした。

この2作品を抑えて1位に輝いた『TENET テネット』は、『ダークナイト』3部作や『インセプション』『インターステラー』などのアカデミー賞受賞作を多数生み出した鬼才クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル脚本のアクションサスペンス超大作です。

『TENET テネット』で”時間を逆行する”体験を!

あらすじ

ウクライナのオペラハウスでテロ事件が勃発。

その事件に特殊部隊として参加した“名もなき男”は、大量虐殺を阻止しますが自身は捕らえられてしまい、仲間を救うために自害用の毒薬を飲まされてしまいます。

そこで、死んでしまうかと思った“名もなき男”ですが、その毒薬が鎮静剤にすり替えられていたのです。

目覚めた“名もなき男”は、フェイと名乗る人物からあるミッションにスカウトされます。

そのミッションとは、”人や物が過去へと移動できる”未来の装置「時間の逆行」を使い、未来からやってきた敵と戦い未来に起こるとされる第三次世界大戦を防ぐというものでした。

第三次世界大戦を防ぐというこのミッションに参加することになった男の行方は…。

人類を滅亡から救う”謎”のキーワード「TENET」とは、一体…。

“タイムトラベル”ではなく”時間を逆行する“という新しい体験をすることのできるSF作品です。

豪華キャスト陣にも注目!

主演はジョン・デビッド・ワシントン

彼は、カンヌ国際映画祭でプレミアム上映された『ブラック・クランズマン』で映画初主演を務め、作品はグランプリを獲得。

自身はゴールデングローブ賞全米映画俳優組合賞最優秀主演男優賞ノミネートされた実力派です。

共演にはロバート・パティンソンエリザベス・デビッキアーロン・テイラー=ジョンソン、『ダンケルク』に続いてノーラン作品に参加となったケネス・ブラナー、そしてノーラン作品に欠かせないマイケル・ケインといった、名だたる顔ぶれです。

『TENET テネット』は長年温めた構想の上に完成した大作!

本作は、脚本と監督をこなしたクリストファー・ノーランが、構想を20年間に渡って温めていたほど大事にしていた作品のようです!

「私はこの脚本の練り直しに6,7年は掛けている」とも発言していたそうですよ!

コロナ禍をものともしない大盛況ぶり!

日本だけでなく9月25~27日の全米ボックスオフィスランキングでも、4週連続の首位を獲得し、全米での興行収入は340万ドル(約3億5700万円)だそうです。

海外では日本、中国で好調で、世界興収は2億8490万ドル(約299億1450万ドル)とコロナ渦でも大盛況となっております。

ノーランファンも脱帽の仕上がり!

日本では、公開直前に「“逆行体験”イベント」を開催し、スペシャルゲストとしてクリストファー・ノーラン監督の大ファンであるお笑い芸人のカズレーザーさんと俳優の磯村勇斗さんが登場しました。

ダークナイト』シリーズで衝撃を受けて以来、ノーラン監督の作品が大好きだと語る磯村さんは、「未だ観たことのない世界へ連れて行ってくれるところが一番の魅力ですね。未開拓の地に足を踏み入れるかのような感覚になるし、その先に期待と緊張が入り混じるように仕掛けてくるところが好きです」と話していました。

公開をすごく楽しみにしていたという『TENET テネット』については「『メメント』や『インターステラー』に続いて“時間”をテーマに扱っていますが、まさか逆行させて、しっかり映像で見せてくるとは…」と驚いていましたよ!

一方、カズレーザーさんは「ノーラン監督は毎回自分のハードルをめちゃくちゃ上げますよね」とノーラン監督の作品に対する姿勢に感嘆している様子。

TENET テネット』は「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ターミネーター』を混ぜて、そこに『カメラを止めるな』をかけたようなすべての作品のいいとこどり」と表現しており、「難しいけど、置いてかれたとておもしろいのが憎い。がっつり追いついていこうと思って観ても、パズルが組みあがっていくような気持ちよさがあるのがおもしろい」と本作について語っていました!

まとめ

今回はめざましテレビの「今週の映画ランキング」で取り上げられていた『TENET テネット』について紹介しました!

鬼才クリストファー・ノーラン監督の最新作は観た方のレビューも高評価なので、ぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました