『ソワレ』主演村上虹郎特集!出演映画まとめ!父も俳優?

俳優・監督

現在、公開中の映画『ソワレ』での演技が話題になっている村上虹郎さん。

一度見たら忘れられない存在感と卓越した演技力が目を引く俳優さんであり、たくさんのドラマや映画に出演されています。

今回は、そんな村上虹郎さんが過去に出演した映画やドラマに関する情報をお伝えするとともに、である俳優・村上淳さんについても触れていきたいと思います。

村上虹郎さんのプロフィール

  • 生年月日:1997年3月17日
  • 年齢:23歳(2020年10月現在)
  • 出生地:東京都
  • 身長:168cm
  • 職業:俳優
  • ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台
  • 活動期間:2014年~
  • 著名な家族:村上淳(父)、UA(母)
  • 事務所:ディケイド

父親も俳優?

村上虹郎さんのお父さんは俳優の村上淳さんであり、お母さんは歌手のUAさんです。

村上虹郎さんは、ご両親の素敵な部分を全て受け継いでいるような感じがしますね。

村上淳さんは現在47歳の俳優で、多くの映画やドラマにコンスタントに出演されています。

役の大きさに関わらず、村上淳さんの演技はとても作り込まれていて丁寧であり作品自体をグッと底上げしてくれるようなパワーをいつも感じます。

村上虹郎さんは「子どもの頃はお父さんとの関わりが薄かった」とお話されていたことがありますが、お芝居に対する姿勢からは村上淳さんと似たものを感じます。

村上虹郎さんの主な出演作品

【映画】

  • 犬ヶ島
  • ハナレイ・ベイ
  • チワワちゃん
  • ある船頭の話
  • 楽園
  • “隠れビッチ”やってました。
  • 燃えよ剣

【ドラマ】

  • ザ・ブラックカンパニー
  • この世界の片隅に
  • レ・ミゼラブル 終わりなき旅路
  • MIU404』 

『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(渡辺拓海役)

村上虹郎さんは主人公の純(吉沢亮)が施設で出会った親友・渡辺拓海を演じました。

渡辺拓海は弁護士を目指している青年でしたが、親に虐待されていたために左足に麻痺がありました。

拓海は、阪神・淡路大震災の日、部屋で家具の下敷きになっていまいます。

駆けつけた純に、自分は殺人を犯した純の過去を知っていることを告げます。

そして、純に「渡辺拓海として生きろ」と言い残し、この世を去りました。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(宿海仁太役)

通称「あの花」で主演を務めた村上虹郎さん。

本作には、浜辺美波さんや志尊淳さんなどたくさんの若手俳優が出演し、話題になりました。

子どもの頃に亡くなった幼なじみの少女「めんま」の思い出を引きずりながら高校生になった仁太。

そんな仁太の前に突然、高校生の姿をしためんまが現れます。

自分にしか見えないめんま、めんまの家族、仁太を取り巻く友人たちを描いた作品であり、ノスタルジーに包まれる感動作です。

『この世界の片隅に』(水原哲役)

村上虹郎さんが演じた水原哲は、主人公のすず(松本穂香)とは幼なじみ。

二人はお互いを意識していて淡い恋心を抱いていたのですが、すずは別の人と結婚してしまいました。

大人になった哲は水兵になり、すずに会いに来ます。

哲とすずは一晩を共に過ごしますが、哲はすずが今は夫を深く愛していることを知ります。

翌朝、哲は安心する気持ちと少しの寂しさを抱きながら、すずの元を去ります。

『ソワレ』(岩松翔太役)

本作は2020年8月28日に公開され、現在も公開中です。

主演の村上虹郎さんは、役者志望の青年・翔太を演じています。

翔太は役者を目指していますが役者の仕事だけでは生活できないため、オレオレ詐欺に加担しています。

そんな翔太ですが、ひょんなことがきっかけで自身の故郷・和歌山の高齢者施設で演劇を教えることになりました。

そこで、翔太はタカラという女性に出会い、タカラもまた生きづらさを感じていることを知ります。

翔太は現実から逃げるため、タカラを連れて遠くへ行こうとするのです。

まとめ

今回は、注目の若手俳優・村上虹郎さんに関する情報をお届けしました。

どんな役にもスッと溶け込むことができる村上虹郎さん。

主演のときも脇役のときも作品全体のバランスを意識して演じていることが、見ている側にも伝わってきます。

これまでは学生や若者の役が多かったですが、大人になった村上虹郎が今後演じていく役どころも楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました