『喜劇 愛妻物語』のキャスト紹介!ロケ地もあわせてチェック!

映画

今回は喜劇 愛妻物語』のあらすじやロケ地と、キャストの皆さんのプロフィール・出演作品を紹介していきます。

『喜劇 愛妻物語』のあらすじと注目ポイント

結婚して10年の売れない脚本家・豪太と妻のチカは、娘のアキと3人で暮らしています。

家計はもっぱらチカのパート代で支えられており、夫婦仲はすでに冷え切っていました。

豪太は日々チカの機嫌を取ろうとしますが、チカからは罵倒の言葉しか返ってきません。

そんな時、豪太のもとに「四国に住むものすごい速さでうどんを打つ女子高生」の話を脚本にしないかという話が舞い込んできます。

免許のない豪太は、これを口実に取材を兼ねた香川県の旅へチカとアキを連れ出すことに成功。

チカとの関係修復をもくろんだ家族旅行が始まるのでした。

キャスト濱田岳さんと水川あさみさんの夫婦役が見どころのファミリーコメディとなっています。

ロケ地は?どこで撮影されたの?

喜劇 愛妻物語』のロケ地は、香川県高崎市の他にさぬき市三豊市土庄町などです。

公式サイトではロケ地マップ「チカと豪太の夫婦旅」が公開されていますので、チェックしてみてくださいね。

ロケ地以外にも、周辺の観光地も掲載されていますよ!

映画『喜劇 愛妻物語』公式サイト|香川県ロケ地MAP チカと豪太の夫婦旅

『喜劇 愛妻物語』の主要キャスト

  • 豪太(濱田岳
  • チカ(水川あさみ
  • アキ(新津ちせ
  • 吾妻(大久保佳代子
  • 由美(夏帆

濱田岳(豪太役)

『アヒルと鴨のコインロッカー』(椎名役)

東京から仙台の大学に進学した、押しに弱い学生の椎名役で出演しました。

引っ越し先のアパートで隣人の河崎と出会った椎名が、次第に事件に巻き込まれていくミステリー作品です。

本作で濱田岳さんは、第22回高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞しました。

『インハンド』(高家春馬役)

主人公の科学者・紐倉の助手、高家役を演じています。

高家はかつては医者として活動していましたが、紐倉と出会いひょんなことから助手となります。

右手が義手の寄生虫専門の科学者・紐倉が、高家と女性官僚の牧野とともに科学的な方法で事件を解決していく医療ミステリーとなっています。

水川あさみ(チカ役)

『わたしを離さないで』(酒井美和役)

カズオイシグロさん原作でイギリスで映画化された本作は、2016年に日本でテレビドラマ化されました。

水川あさみさんは原作のルースに当たる美和役で出演しています。

主人公のキャシーを綾瀬はるかさん、トミーを三浦春馬さんが演じたことでも話題になりました。

『僕たちがやりました』(立花菜摘役)

主人公のトビオが通う凡下高校の教師・菜摘役を演じました。

菜摘は原作にはないオリジナルキャラクターとなっていますが、見事な演技力で存在感を発揮しています。

水川あさみさんは本作での共演がきっかけで、主人公のトビオ役で出演していた窪田正孝さんと2019年に結婚しました。

新津ちせ(アキ役)

2010年5月23日生まれ、東京都出身。

新津ちせさんの父親は『君の名は』や『天気の子』で知られるアニメ監督の新海誠さん、母親は女優の三坂知絵子さんです。

2歳から劇団ひまわりに所属。

音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもあり、『パプリカ第61回レコード大賞を受賞

受賞当時9歳だった新津ちせさんは、史上最年少での受賞となりました。

『3月のライオン』(川本モモ役)

川本三姉妹の末っ子・モモ役で出演しています。

オーディションの時から父親のことは伏せられており、クランクアップ後に新海監督の娘であることが明かされ話題になりました。

『駅までの道を教えて』(サヤカ役)

映画初主演となった本作では、3カ月間のオーディションで4次審査まで経て主演のサヤカ役に抜てきされました。

大久保佳代子(吾妻役)

1992年に小学校からの幼なじみの光浦靖子さんとお笑いコンビ「オアシズ」を結成、同年デビューします。

人気番組「めちゃ×2イケてるッ!』では2000年から番組終了まで、18年間レギュラーを務めました。

現在は番組MCやCM、ラジオと引っ張りだこの大久保佳代子さんですが、芸能活動の傍ら14年間OLとして働いていたことを明かしています。

『緊急取調室 SEASON3』(伴佐知恵役)

大久保佳代子さんは第7話「私が試しました」で、宝石屋BANBANの女社長・佐知恵役で出演しています。

佐知恵は23歳下の婚約者がおり、別れた夫を殺して自首してくるという役柄を見事に演じました。

夏帆(由美役)

『きばいやんせ!私』(児島貴子役)

不倫疑惑を週刊誌にすっぱ抜かれたことで、東京から鹿児島県南大隅町に左遷されてしまったテレビ局の女性アナウンサー貴子役を演じました。

投げやりになっていた貴子ですが、南大隅町の「御崎祭り」を取材するうちに次第に元気を取り戻し、真剣に仕事に向き合うようになります。

本作は『喜劇 愛妻物語』の足立紳さんが原作、脚本を担当しました。

『海街ダイアリー』(香田千佳役)

是枝裕和監督作品で、香田家の四姉妹を綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんという豪華キャストが演じ話題になりました。

本作は第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞など数々の賞を総なめにし、夏帆さんは優秀助演女優賞を受賞しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

喜劇 愛妻物語』のキャストの皆さんは素晴らしい経歴の方ばかりでした。

ぜひ喜劇 愛妻物語』を劇場でご覧になった後に、ロケ地にも足を運んでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました