『糸』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

映画

映画『』は、平成を代表する中島みゆきさんの同名曲から着想を得た、めぐり逢う二人の珠玉のラブストーリー。

今回は本作の主要キャストを、過去の出演作品とともに紹介します。

『糸』のあらすじと注目ポイント

平成元年に生まれ北海道で育った漣(菅田将暉)と葵(小松菜奈)は13歳の時に出会い、恋に落ちます。

葵が養父から虐待されていることを知り駆け落ちをしますが、幼い二人の逃避行は成功するはずもなく、警察に保護され、葵は母と共に北海道から去ってしまいました。

それから8年の月日が経ち、北海道で生きていくことを決めチーズ工場で働いていた漣は、友人の結婚式のため東京を訪れ葵との再会を果たします。

しかし二人はすでにそれぞれ自分の人生を歩み始めていました。

平成が終わりを告げようとしている2019年、運命はもう一度だけ二人をめぐり逢わせようとしていました…。

令和の今、振り返りたい平成史、そして中島みゆきさんの名曲『糸』が彩る壮大な愛の物語です。

『糸』の主要キャスト

主演をつとめるのは『溺れるナイフ』、『ディストラクション・ベイビーズ』に引き続き三度目の共演となる菅田将暉さんと小松菜奈さんです。

菅田将暉(高橋漣役)

菅田将暉さんは、桐山漣さんとのW主演であった『仮面ライダーW』でデビューし、その後『暗殺教室』、『帝一の國』、『銀魂』、『となりの怪物くん』など数々の漫画実写化作品に出演し頭角を表してきました。

大きな話題となったのは昨年放送されたドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』。

柊一颯を演じた菅田さんの鬼気迫る演技や胸を打つ言葉に、若い世代を中心として大きな反響がありました。

またボーカルグループ「GReeeeN」の楽曲の誕生秘話を描いた『キセキ あの日のソビト』では“グリーンボーイズ”として歌も披露しその歌唱力が話題となりましたね。

以降歌手としても活動の幅を広げています。

話題作に引っ張りだこの注目俳優菅田将暉さんから、今後も目が離せません!

小松菜奈(園田葵役)

「ニコ☆プチ」モデルとしてデビューし、映画出演3作目『乾き。』での小悪魔的な演技で一躍有名になった小松菜奈さん。

近キョリ恋愛』、『バクマン。』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』といった話題の漫画実写化作品から、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』まで幅広く出演しています。

2018年公開の『恋は雨上がりのように』では、大泉洋さん演じる年上の店長に淡い恋心を抱く真っすぐで不器用な役と、その爽やかな陸上の走りが反響を呼びました。

さよならくちびる』では門脇麦さんとデュオの役を演じ歌声も披露しています。

今後の公開作に北村匠海さん、吉沢亮さんらも出演する『さくら』が控えていますよ!

榮倉奈々(桐野香役)

「SEVENTEEN」の専属モデルとして活躍していた榮倉奈々さんは、ドラマ『ジイジ〜孫といた夏』で女優デビュー。

その後、『プロポーズ大作戦』、『メイちゃんの執事』、アクションにも挑戦した映画『図書館戦争』シリーズ、『余命1ヶ月の花嫁』、『わたしのハワイの歩きかた』など多くの作品に出演しています。

実話をもとにした『余命1ヶ月の花嫁』ではがんと闘病する女性を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

2014年に放送されたドラマ『Nのために』は物語の展開もさることながら、それぞれがそれぞれの“N”のために行動しようとする姿が大きな反響を呼びました。

ちなみにこのドラマで共演した賀来賢人さんとドラマの1年後に結婚しています。

斎藤工(水島大介役)

高校時代から「MEN’S NON-NO」や「POPEYE」などにおいて“TAKUMI”名義でモデルとして活動していた斎藤工さん。

2014年に放送されたドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で上戸彩さんと不倫関係になる高校教師役を演じ一躍話題になりました。

俳優業だけでなくかねて映画制作に興味を持っており、2012年からショートムービーを撮り始めています。

2018年に初の長編映画となる『blank13』が公開され、上海国際映画祭アジア新人賞部門で最優秀監督賞を受賞。

今年は『COMPLY+-ANCE』が公開され、来年には竹中直人さん、山田孝之さんとの共同監督作品『ゾッキ』も控えています

山本美月(高木玲子役)

先日瀬戸康史さんと結婚を発表し話題となった山本美月さん。

交際のきっかけとなったのは2019年に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』でした。

山本さん演じる主人公 川奈つぐみの幼なじみ是枝洋貴役を瀬戸さんが演じ、ドラマでは結ばれなかったものの、現実では見事結ばれたようです。

2020年1月から放送されたドラマ『ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜』の役のためロングからショートカットにイメージチェンジし、中性的な魅力やトリンドル玲奈さんとのコンビが可愛い!と話題になりました。

他にも『ピーチガール』では、見た目はギャルだが中身は純情なヒロインという難しい役柄を演じています。

まとめ

映画『』では、三度目の共演となる菅田将暉さんと小松菜奈さんの共演も気になりますが、二人の壮大な愛を彩る豪華なキャスト陣にも目が離せません

あなたの大切な人と見に行くのもいいかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました