【映画『ソワレ』出演】芋生悠特集!出演作品まとめ!

俳優・監督

現在公開中の映画『ソワレ』で、村上虹郎さんとW主演を務めている芋生悠さん。

斉木楠雄のΨ難』『花のち晴れ~花男Next Season~』など話題作への出演も多く、今注目されている女優さんです。

今回はそんな芋生さんについてまとめてみました!

芋生悠さんのプロフィール

芋生悠さんは1997年12月18日生まれの熊本県出身です。

2014年に開催されたジュノン・ガールズ・コンテストで1万通を越える応募の中から10名のファイナリストに残り、芸能界入りを果たしました。

最終審査では周囲のファイナリストたちがかわいさをアピールする中、芋生さんは特技の空手を披露したそうです。

高校時代は美術科に進学し、油絵を専攻。

特技の書道では師範の腕前を持ち、2018年に発売された自身のファースト写真集では題字を書いています

高校卒業を機に上京。

2016年に公開された映画『バレンタインナイトメア』で映画デビューを果たします。

映画『ソワレ』での好演も話題に!

村上虹郎さんとW主演を務める映画『ソワレ

村上さんは役者を目指すもうまくいかない青年・翔太を、芋生悠さんは生まれ故郷の和歌山で働くタカラを演じています。

翔太が和歌山に帰ったタイミングでタカラと知り合います。

ところが、ある事件をきっかけに衝動的に逃亡することになった二人。

上手くいかない日々に自分を見失っていた二人がどこを目指して逃亡していくのか、必見です。

芋生悠さんの主な出演作品

『#ハンド全力』(七尾役)

主演は加藤清史郎さん。

2016年に起きた熊本地震から3年後、仮設住宅に暮らす清田マサオが主人公です。

かつてはハンドボールに熱中していたマサオでしたが、震災に遭ったことで部活動ができなくなり、これまでの日常生活が一変してしまいました。

ある日、思い付きでSNSにあげたジャンプシュートの映え写真がネット上で話題に。

それがきっかけでマサオは再びハンドボール部に所属することになるのでした。

芋生悠さんは女子ハンドボール部のエース・七尾を演じています。

映えるSNSと厳しい現実の間で悩む高校生たちの青春映画となっています。

『JKエレジー』(サクラ役)

主人公の女子高生・梅田ココアを希代彩さんが演じています。

芋生悠さんはココアの数少ない友人・サクラ役で出演しています。

ココアは高校生3年生。

ギャンブルにのめり込む父とニートの兄の3人で生活をしており、高校卒業後は当然就職するつもりでいました。

ですが奨学金制度のことを知ったココアは一転、大学進学を目指すことにします。

サクラも大学進学を希望しており、家族に頼ることができないココアの心のよりどころとなるような存在となっています。

周りの友人の進路や夢の話を聞いて、自分の進路はこれでいいのかと焦る女子高生の気持ちに共感してしまいます。

『左様なら』(岸本由紀役)

祷キララさんとW主演を務めた芋生悠さん。

芋生さん演じる高校生の由紀は平凡な毎日を過ごしていました。

ある日、中学時代からの友人・綾から転校することを告げられ、その翌日に綾は命を落とします。

綾の死をきっかけにクラスメイトたちから避けられるようになった由紀。

また由紀だけでなく、クラス全体の雰囲気が少しずつ変化していくのでした。

同級生の死が身近に起きたとき、高校生たちはどのように事実を受け止めていくのでしょうか。

芋生さんはクラスの中から少しずつ浮いていく女子高生を演じており、学校という狭い世界での高校生のリアルな人間関係が描かれています

『恋するふたり』(吉澤幸子役)

この作品では染谷俊之さんとW主演を務めています。

芋生悠さん演じる吉澤幸子には恋人がおり、それは人気インディーズバンドのメンバー・真広。

特に将来の夢や目標のない幸子にとって真広と付き合っているということだけが、彼女の生きがいでした。

そんなある日、幸子の元に「自分の婚約者が真広と浮気している」と話す男性・片桐駿介が現れます。

事実を確認するため二人はレンタカーで真広のいるスタジオへ向かうのでした。

ナルシシストで自己中心的な片桐に対して、相手に気を遣ってばかりの幸子。

恋人に浮気されてしまった二人がどう現実に向き合っていくのかに注目です。

まとめ

以上、芋生悠さんの主な出演映画のまとめでした。

気になる作品はあったでしょうか。

現在公開中の映画『ソワレ』と併せてチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました