ドラマ『危険なビーナス』のキャスト紹介!他作品出演情報も!

ドラマ

10月11日(日)夜9時より放送を開始した新ドラマ危険なビーナス

話題の豪華キャストについて詳しくご紹介します!

『危険なビーナス』のあらすじと注目ポイント

動物病院で獣医師をする独身の手島伯朗は、病院を訪れた謎の美女・矢神楓から突然、伯朗の異父弟・明人が行方不明になったと聞かされます。

明人の妻だと名乗る楓は、明人の父であり名家「矢神家」の現当主・康治が危篤状態になったことで、相続される遺産目当ての何者かが明人を誘拐したのではと状況を説明し、伯朗に明人の捜索を頼みに来たのです。

伯朗は、明人とも矢神家とも長らく関わっていないことを理由に一度は断るも、困っている美女を放っておくことが出来ず、楓の手伝いをすることに。

こうして伯朗は、徐々に矢神家の遺産相続抗争に巻き込まれ、さらには謎の美女の魅力にも惹かれていき・・・。

東野圭吾さんの同名小説を原作に、日曜劇場にふさわしい華麗なるラブサスペンスドラマです!

劇中の矢神家のセットには実際に高価な家具やじゅうたんを使用しているとのことで、ドラマの重厚感を演出する豪華絢爛なセットにも注目してみたいですね!

ドラマ『危険なビーナス』の主要キャスト

日曜劇場では16年ぶりの主演となる妻夫木聡さんを主演に、妻夫木さんとは初共演の吉高由里子さんが謎の美女を演じます!

妻夫木聡(手島伯朗役)

今や国民的俳優として大活躍の妻夫木聡さんは、読者モデルとして活躍した後、1998年にドラマ『すばらしい日々』で俳優デビューを果たします。

長瀬智也さん主演の人気ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』への出演や、男子のシンクロを題材とした映画『ウォーターボーイズ』で主演を務めるなど、話題作への出演を重ね徐々にその存在感を示していきました。

その後出演した大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続役を務めたことで、より幅広い世代からの支持を得ることとなりました。

さらに、このとき着用していたかぶとにも注目が集まりましたが、掲げられた「愛」の文字のインパクトはすごかったですね!

主演映画亜人』ではシリアスな演技が高く評価され、第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞第53回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞するなど、名実ともに日本を代表する俳優として認知されていきました!

最近は映画への出演が多い妻夫木聡さんのテレビドラマ出演には期待が高まりますね!

吉高由里子(矢神楓役)

横浜流星さんとのW主演映画『きみの瞳が問いかけている』の公開が予定され話題となっている吉高由里子さん。

2006年に園子温監督の映画『紀子の食卓』に、吹石一恵さん演じる主人公の妹役として出演すると、その演技力の高さが評価され第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞するという華々しいデビューを飾りました。

映画『蛇にピアス』では巨匠・蜷川幸雄監督のもと主演を務め、過激な内容やヌードなどの体を張った吉高由里子さんの演技が世間に大きな衝撃を与えました。

この作品で、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞ブルーリボン賞新人賞を受賞するなど一層高い評価を受け、吉高由里子さんの存在に注目が集まりました!

テレビドラマでも『美丘-君がいた日々-』で連ドラ初主演を果たして以降、連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインを務めた他、『東京タラレバ娘』や『正義のセ』など数多くの作品で主演を務め、幅広い役柄を演じ分ける実力派女優として映画やドラマ、舞台で大活躍しています!

ディーン・フジオカ(矢神勇磨役)

”逆輸入俳優”として一躍話題となったディーン・フジオカん。

連続テレビ小説『あさが来た』に出演すると、実業家として奔走するヒロインを支え続ける役柄を演じ、その存在感だけでなく端正な顔立ちに魅了される視聴者が続出し大ブレイクを果たしました!

その人気ぶりは、ディーン・フジオカさん演じる五代友厚が劇中で最期を迎えたときには「五代ロス」という言葉が生まれるほどでしたね!

深田恭子さんとの共演で注目を集めた『ダメな私に恋してください』ではドSな上司・黒沢歩を演じ、朝ドラの五代友厚役とは違う新たな一面を見せ女性ファンを翻弄していました。

アレクサンドル・デュマの小説を原作に壮絶な復讐劇を描いたモンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』では、連ドラ初主演を務めるだけでなく主題歌も担当するというマルチな活躍で話題となりました。

今作はヒールな役どころでの出演とのことで、新たなディーン・フジオカさんの一面が見られそうで楽しみです!

まとめ

日曜劇場『危険なビーナス』は、豪華キャストの共演で描かれる人間模様が見どころのドラマです!

明人の行方や謎の美女の正体など、気になる内容が満載で見逃せません!

タイトルとURLをコピーしました