映画『浅田家!』の感想まとめ!みんなの評価は?

映画

公開前からその豪華キャストの顔ぶれが話題だった『浅田家!がついに公開されました。

映画を視聴した方たちはどんな感想を抱いたのでしょうか!

映画『浅田家!』のあらすじと注目ポイント

写真が趣味の父の影響で、写真が大好きだった政志。

写真の専門学校へ進学した政志は、卒業制作のために家族を被写体にした「再現写真」で学校長賞を獲得します。

卒業後、写真家としてくすぶっていた政志は、父の言葉をヒントにコスプレをした家族写真を撮り始めます。

そんな政志のユニークな写真が権威ある賞を受賞したことで、政志のもとには家族写真の撮影依頼が来るようになりました。

家族写真の依頼を受けながら日本全国を回っていた政志を2011年3月11日、東日本大震災が襲います。

家族の安否を確かめるために向かった被災地でボランティアの人たちと「写真洗浄」に励む政志は、自問自答を繰り返しながら「写真の持つチカラ」を信じられるようになっていきました。

そんな時、父親を失った一人の少女が「家族写真」の撮影依頼にやって来ます・・。

「家族」を撮り続けた政志が家族を失った人たちを目の当たりにした時、写真家としてできることとは・・

映画『浅田家!』の評価・レビューはどんな感じ?

本作に対する視聴者の意見は真っ二つに割れているように感じます。

どんな評価を付けているのかまとめてご紹介します。

映画『浅田家!』に高評価を与えている人たちの感想

前半の家族で写真を撮るコミカルなシーンと後半の東日本大震災後の写真を撮るシーンの両方において写真を撮ることの良さを感じさせてくれました。

引用元:https://eiga.com/movie/90845/review/

すごくいい映画。こんな家族を持ちたい。

写真のもつ力はそれを撮る人間達の魅力で作られるんだな。笑いあり、泣きあり、感動しました。

引用元:https://eiga.com/movie/90845/review/

そして何よりキャストとその役が全員魅力的でした。二宮さん本人の雰囲気が政志くんにぴったりで、この人だから周りがついていくし愛されるんだという説得力がすごくありました。

政志くんと若奈ちゃんの掛け合いもすごく可愛らしくて大好きです。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/370524/review/1157/?c=3&sort=lrf

当たり前にそこにあって空気のように感じていた自分はそれでいいのか、と自問させられました。

それぞれの家族の形の中で互いに思いやる気持ちを少しでも分かち合うことが大切なんだということが身に染みて感じる映画でした。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/370524/review/1099/?c=12&sort=lrf

一方ではこんな低評価も。。

長すぎてまとまりもなく途中で飽きてきた。だらだら話が進み、全く泣けませんでした。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/370524/review/1104/?c=11&sort=lrf

もちろん物語の構成は良いんだけど、浅田政志が家族写真に対する、そして被災地で感じた写真に対する思いと葛藤が薄い…

引用元:https://filmarks.com/movies/83171?page=2

ダラダラ長い感じがしてしまい、途中退屈でした。

号泣を期待していたので、ちょっと残念。

引用元:https://eiga.com/movie/90845/review/all/2/

映画『浅田家!』が賛否両論な訳を考えてみた

実話が基になっているということで映画の「見せ場」といえるシーンがなく、たんたんと進むストーリーの迫力のなさが「退屈」という印象を与えてしまったようです。

しかし、映画を見終わった方たちの中には、家族の大切さや写真の持つチカラを再確認できたと高評価を付けていた方も多くいました

実話であるという部分が、賛否両論の意見につながってしまったようです。

まとめ

浅田家!』の感想評価はいかがでしたか?

実在の人物をモデルにしたというストーリーは、こんな時代だからこそ見てほしい「家族」をテーマにした感動の映画になっているようです。

タイトルとURLをコピーしました